仮想通貨のポートフォリオの組み方を公開!攻め・守りを使いわけよう

仮想通貨 ポートフォリオ

2017年は仮想通貨元年ともいわれていて、1年足らずで資産を数百倍・数千倍にした人がたくさんいました。

それに便乗しようと、仮想通貨投資を始めた人も少なくないと思います。

しかし、適切なポートフォリオを組み方を知らないと、資産を増やすどころか逆にカモにされて資産を減らしてしまうことになります。

適切なポートフォリオの組み方について知っておけば、適切にリスク管理ができるようになります。

こちらの記事を読んで、適切なリスクの取り方・ポートフォリオの組み方について理解を深めておきましょう。

仮想通貨におけるポートフォリオとは?仮想通貨の資産を見直そう

一般的な投資家は、リスク管理のために自らの資産を複数の金融商品に分散させて投資する。その金融商品の組み合わせのことをポートフォリオという。

仮想通貨におけるポートフォリオとは、どの通貨をどれくらい保有するか、要するに「どんなバランスで仮想通貨を持つか」ということです。

ポートフォリオをどのように組むのかで「資産を増やしやすいか」「資産を減らしづらいか」が全く変わってきます。

当然、資産を大きく増やすには、それなりのリスクも伴います。

そんな中で仮想通貨で利益を出すためには、相場の状況に合わせてポートフォリオが適切かを常に見極めることが大切です。

【攻めのポートフォリオ】と【守りのポートフォリオ】があることを理解しよう

ポートフォリオには大きく分けて2つの種類があります。

資産を増やすため・資産を守るための2つです。

仮想通貨は値動きが激しいので、大きく増やすこともできますが、逆に大きく減らすのも簡単です。

でも、2つの種類のポートフォリオの組み方を覚えておけば、ある程度のリスクコントロールができるようになります。

具体的な攻守のポートフォリオ例は、後半の2つのパートでまとめています。

読み飛ばしたい方はこちら

【攻守の切り替え】ポートフォリオのリバランスの基本的な考え方とは

仮想通貨のポートフォリオをリバランスするときに重要なのが、ビットコインの動きです。

基本的にはビットコインが急激に値上がり・値下がりするときにはアルトコインが対BTCで下落します。

アルトコインが対BTCで値上がりするのはビットコインの価格が横ばいで安定しているときです。

ビットコインとアルトコインの連動性
  • ビットコインが急激に値上がりする場合
    アルト→BTCにした方が価値が資産が増えるため、アルトコインが対BTCで下落する
  • ビットコインが急激に値下がりする場合
    仮想通貨の中心であるBTCの価値が下がると市場全体の価値が下がると判断されて、アルトコインも連動して下落する
  • ビットコインが横ばいが続く場合
    仮想通貨市場が安定しているサインで、アルトコインも高騰しやすい

※あくまでも現在の傾向であって、市場が成熟化するに連れて変わってくる可能性もある

そのため、ポートフォリオはビットコインの価格推移がどんな状態かによって組み直していく必要があります。

うまく組み直すことができるかどうかで、いかに資産を増やせるか・減らさないかが全く変わってくるので、ここで紹介した基本的な考え方については頭に入れておきましょう。

【資産を増やす】攻めのポートフォリオの例とポイントを公開

ポートフォリオの例1を公開

資産を増やしたいときの攻めのポートフォリオの例です。

※記事作成時点では、画像で示している通貨は時価総額が100位以下です。

こちらの例ではビットコインと時価総額上位のアルトコインで60%、時価総額100位以下のアルトコインを40%保有しています。

さらに攻めたい場合は時価総額下位のアルトコインの数を増やしたり、割合を増やしたりすることで調整しましょう。

さらに買いたい仮想通貨が増えたり、買い増ししたい場合に備えて、ある程度のビットコインも残しておくのがポイントです。

攻めのポートフォリオのポイント
  • 時価総額下位のアルトコインを組みこもう
  • 【上級編】イベントを控えているアルトコインを組みこもう
  • 【攻めのポートフォリオは高リスク】時と場合によっては大損失も

時価総額下位のアルトコインを組みこもう

時価総額上位のアルトコインよりも、下位にあるアルトコインの方が伸びしろが大きいということはいうまでもありません。

もちろん、値下がりして電子クズになるリスクもありますが、大きく増やすには時価総額下位のアルトコインを保有しておく必要があります。

攻めのポートフォリオにするときには、時価総額が100位以下を目安に有望なアルトコインを組み込んでみましょう。

上位の通貨について
上位の仮想通貨が悪いというわけではなく、上位通貨も仮想通貨市場の成長に合わせて値上がりする、上位にある中でもさらに値上がりする、ということはありえます。

【上級編】イベントを控えているアルトコインを組みこもう

コインバーンやハードフォーク、リブランディングを控えている通貨は、イベントまでに値上がりするのが一般的です。

カレンダーサイトでイベントをチェックしてあらかじめ仕込んでおき、値上がりしたタイミングで売ると比較的簡単に利益を出すことができます。

慣れるまでは少額でやってみましょう。

おすすめのカレンダーサイト

【攻めのポートフォリオは高リスク】時と場合によっては大損失も

攻めのポートフォリオは時価総額下位のアルトコインを多めに保有しています。

時価総額下位のアルトコインは、大きく値上がりも期待できる分、ジワジワ下がっていくことも少なくありません。

簡単に半分以下になったりするので「【攻守の切り替え】ポートフォリオのリバランスの基本的な考え方とは」で解説した考え方に沿って、常にビットコインの値動きを警戒するようにしましょう。

【資産を減らさない】守りのポートフォリオの例とポイントを公開

ポートフォリオの例2を公開

守りのポートフォリオでは資産を減らさない、つまりビットコインの枚数を減らさないことが大切です。

この例ではビットコイン、イーサリアムで80%以上を占めるポートフォリオになっています。

ここまでビットコインの比率を高めないにしても、ビットコインと時価総額上位のアルトコインで80%ほどを埋めておけば、通常の相場では守備力の高いポートフォリオになります。

ポイント
  • ビットコインと時価総額上位のアルトコイン比率を高めよう
  • 銘柄数を増やしすぎないようにしよう
  • ビットコインが不安定な時はビットコイン比率を高めよう

ビットコイン・上位アルトコイン比率を高めよう

仮想通貨投資は、基本的にビットコインの枚数をどれだけ増やせるかが大切です。

もしアルトコインを保有していて、アルトコインが対BTCでアルトコインが下落すれば、実質BTCの枚数は減ります。

わかりやすい例
1ETH=0.1BTCで購入してこれを保有。相場価格が1ETH=0.09BTCになると、同じ1ETHを所持していても0.09BTCになっています。

ポートフォリオでビットコインの比率を高くしておくことで、ポートフォリオ全体ではBTC枚数が減りづらくなります。

なぜビットコインの枚数に換算する
現状、仮想通貨はビットコインが基軸になっているので、ほとんど全てのアルトコインはビットコインの価格が下がると連られて値下がりします。つまり、ビットコインの崩落=仮想通貨市場の崩落を意味します。ビットコインの価格が下がったら意味がないのでは?と思う人は、そもそも仮想通貨に投資しない方が良いですね。

仮想通貨投資はビットコインが値上がりすると踏んで投資するということが前提になります。

また、時価総額下位のアルトコインよりも、上位のアルトコインをポートフォリオに組み込んでおくと、守備力が高いポートフォリオになります。

時価総額下位のアルトコインは、伸び代がある分、ほぼ0円の電子クズになる可能性もあるということを覚えておきましょう。

銘柄数(5~10種類)を増やしすぎないようにしよう

いろいろな種類の通貨を保有していると情報を追いきれなくなり、致命的なニュースを見逃す可能性もあります。

ある通貨がハッキングに遭った、脆弱性が見つかった、ある国で規制が入った、などのニュースがあれば、対象通貨が大きく値下がりすることはわかりますよね。

常に最新情報を追うためにも銘柄数はある程度絞っておく方が、安定したポートフォリオに近づきます。

ビットコインが不安定なときはビットコイン比率をさらに高めよう

参考画像

これはCoinmarketcapの時価総額上位通貨のデータです。(2018年3月18日)

この時期はBTCの価格が不安定時期で、相場全体に活気がありません。

こんなときは、守りのポートフォリオにしておかなければビットコインの枚数がみるみる減っていきます。

このような相場では、ビットコイン比率を90%以上でも問題ないくらいです。

ポートフォリオ管理に便利なアプリをインストールしよう

ポートフォリオをエクセルやテキストメモに手入力で管理するのは簡単ではありません。

トレード回数が増えるほど手に負えなくなっていきます。

でも、スマホのポートフォリオ管理を利用すれば、リバランス・資産の管理も簡単にすることができます。

さらに、自動で新しい仮想通貨が追加されたり、円グラフを表示してくれたりと、便利な機能がたくさんあって効率化に最適です。

人気ポートフォリオアプリ比較

開発 日本語 通知 円グラフ 特徴
Cryptofolio 日本 丸 バツ 丸 国内取引所が充実
Blockfolio 海外 丸 丸 バツ チャートが見やすい
Delta 海外 バツ 丸 バツ 草コインが豊富
CoinStats 海外 丸 丸 丸 Coinmarketcapと連携
※JPY表示は全アプリ対応
※通知=アラート設定

いろいろなポートフォリオ管理アプリがありますが、結局は気に入ったものを選べば大丈夫です。

好みが人によって別れることも多いので、とりあえずすべてインストールして使ってみるのがおすすめです。

各アプリのダウンロード先と特徴については「仮想通貨のおすすめアプリ」で解説しています。

まとめ

ポートフォリオの組み方、リバランスについてまとめました。

資産を何倍にしたいかによって、どのようなポートフォリオにするかが変わってきます。

実際に買ってみてから気がつくことも多いと思うので、まずは実際にポートフォリオを組んでみて、リスクを取り過ぎていないか・取らなすぎていないかを見極めてみてくださいね。