仮想通貨 メンタル

  • ついつい急騰に乗っかってしまう
  • 損切りができずに大損した
  • 自分の推し通貨を批判する人が鼻に着く
いなごくんいなごくん

ぼくのことだ…!

ねこさんねこさん

基本的な考え方・心構えを身につける必要があるね!

投資ではメンタル・マインドセットがとても大事だということは聞いたことがあるかも知れません。

投資は仮想通貨が初めてという人は、とくにメンタル・マインドセットを学んだことがない人も多いと思います。

そこで、こちらのページでは仮想通貨を始める上での基本的な考え方についてまとめています。

これを読んで頭に入れておけば、少なくともカモにされるリスクは軽減することができます。

感情的な投資は絶対にリスクが高くなる

イメージ:感情的に投資するリスク

実は感情的になると損しやすい、というのは都市伝説や通説のようなものではなく、心理学的に正しいことなのです。

人は損するように動く?プロスペクト理論とは

≪プロスペクト理論の結論≫

  • 人間は確実な結果を好む
  • 人間は、利益を受ける場合はリスクを避けようとし、損失を被る場合はリスクを取ろうとする。
  • 人間は表現の仕方によって、選択を変える傾向がある。

プロスペクト理論はダニエル・カーネマン博士が認知心理学と経済学をまとめて完成させた理論です。

ここで仮想通貨投資において一番紹介したいのが、2番目の利益と損失のリスクについての部分になります。

いなごくんいなごくん

ちょっとなに言ってるかわからない…

ねこさんねこさん

仮想通貨で置き換えるとこんな感じだよ

仮想通貨を実際に買ってみた人や、さらにいうとFXをやったことがある人ではほとんどの人が経験しているのではないでしょうか。

含み益では損をしたくないから利確を早まる

たしかに利益が出ている状態で利確してしまえば、損はしないし利益も少しは出ます。

でも、利確を早まったがゆえに、大きな利益を取りこぼしてしまうことにつながります。

対策としては根拠を持って利確ポイントを決めるということですが、それについては後半の「自分で調べて根拠のある投資をしよう」で解説しています。

含み損では「まだいける」と損切りができない

含み益のときは「損をしたくない!」と利確を早まってしまうのに、含み損を抱えているときは「まだいける」と損切りを遅らせてしまいます。

その結果コツコツ買っていたのに大きな損失を出してしまったり、ビットコインFXならロスカットになってしまうことも。

含み損を大きくしてしまわないためにも、損切りのラインは購入時に決めておくことが大切です。

いなごくんいなごくん

どのあたりに設定したらいいの?

ねこさんねこさん

10%下がったら、とかわかりやすいのでもいいと思うよ

損切りの基準について
損切りのラインを小さくしすぎると、”損切り貧乏”といって負けが多くなって結局損している状態になります。そうなったときはエントリーポイントの見直し、損切りラインの見直しをして次回からのトレードに活かしましょう。

「もうこの値段では買えないかもしれない」は超危険

仮想通貨は値動きが激しいので、数分で急騰が起こることも珍しくありません。

そんな中で危険なのが「もうこの値段では買えないかもしれない」と考えて急騰に飛び乗ってしまうことです。

急騰が起こると必ず急落が起こります。

これを覚えておかなければ、急騰・急落が次々起こる仮想通貨投資では簡単に資産が減っていきます。

あなたが高値で買うときは高値で売っている人がいる

参考:ビットコインチャート

これはビットコインのチャートです。

仮想通貨は基本的に通貨と通貨の取引なので、あなたが買っているときは誰かが売っているということを覚えておきましょう。

もっというと、あなたよりも安く仕込んだ人が売って、売る人が増えればチャート的には急落してきます。

ねこさんねこさん

これを覚えておくだけで飛びつきたくなる衝動は小さくなるよ

2017年12月、ビットコインが230万円の値段をつけたということは、230万で買った人、売った人がいるのです。(ごく当たり前ですが)

改めてチャートを振り返ると、1ヶ月で2倍に急騰していることがわかります。タイミングとしては完全に乗り遅れていますね。

いなごくんいなごくん

乗り遅れたのに無理に乗ろうとすると落とされるんだな…

急騰に乗れなくても損はしない

参考:リップルチャート

これはリップルのチャートです。

急騰に乗りたくなる気持ちはわかりますが、乗り遅れたと思ったら落ち着いてから乗るようにしましょう。

むやみに「上がるか?」と急騰に乗る(イナゴする)と画像に青でマーキングした部分のように、すぐに急落して含み損を抱えてしまいます。

ここで紹介しているチャートからもわかるように、一旦落ち着いてからでも遅くはありません。

もしくは一か八か、その通貨にこだわるよりも次に上がりそうな銘柄を仕込んだ方が勝率は高いかもしれません。

ねこさんねこさん

有望な通貨はたくさんあるよ

いなごくんいなごくん

頭ではわかってるんだけどね…!

利確・損切りはラインを決めて機械的に

利確・損切りのラインを明確にすると、感情的にならずにトレードをすることができます。

エントリーする前から決めておくことが大切で、よほどの根拠がない限りルールは変えません。

「頭と尻尾はくれてやれ」
「売り買いは腹八分目」

このような相場格言があるように、利確のあとにさらに値上がりを続けたとしても気にしない、欲張りすぎないことが大切です。

利確・損切りラインの決め方については、この後の「自分で調べて根拠のある投資をしよう」でふれています。

自分で調べて根拠のある投資をしよう

イメージ:DYORする

1.感情的な投資は絶対にリスクが高くなる」とも関連してくることですが、根拠を持って売買することがとても重要です。

管理人も体験していますが、根拠を持って投資するだけで勝率がぐっと上がりました。

DYOR(DoYourOwnResearch)=自分で調べること」を怠らない癖をつけましょう。

購入・利確・損切りの根拠を明確にすると勝率が上がる

自分でリサーチをしていくと、ファンダメンタルズでもテクニカルでも、なにかしら上がりそう・下がりそうな根拠が見えてきます。

また、過去のデータ・チャートを見ていくと、値上がりするタイミングや高騰率もある程度予測ができます。

その根拠をもとに購入と利確ポイントを決める、何%下がったら損切りするなどを決めることができるようになるので、勝率が上がるというわけです。

いなごくんいなごくん

って言われてもわからないよ…

ねこさんねこさん

仮説・検証を重ねていくしかない…!

「インフルエンサーのおすすめだから」は危険

根拠を持って投資をすることが大切ではありますが、「誰々がおすすめしているから」という根拠はとても危険です。

その人が仕込んだ銘柄を、煽って値上げすることで売り切ろうとしているのかもしれませんし、報酬率が良い案件を紹介しているだけかもしれません。

インフルエンサーフォロワーが多いから、という指標は全く当てにならないことを覚えておきましょう。

たまたま勝っても勝ち続けることはできない

なんとなく仕込んだ銘柄や誰かが煽っていた銘柄でうまく利益を出せることはあるかもしれませんが、それを継続していけるかは別問題です。

投資として仮想通貨に関わっていくなら、勝ち続けなければ意味がありませんよね。

勝率を高めていくには、自分で調べて検証を繰り返していくことが不可欠です。

お気に入りの贔屓(ひいき)はとっても危険(確証バイアス)

確証バイアス

初めて買った通貨、初めて利益を出せた通貨はお気に入りになりがちです。

ですが、そういうお気に入りがあったりえこひいきをしてしまうことはあまり良いことではありません。

確証バイアスとは?

確証バイアスとは、認知心理学や社会心理学における用語で、仮説や信念を検証する際にそれを支持する情報ばかりを集め、反証する情報を無視または集めようとしない傾向のこと。

いなごくんいなごくん

要するに?

ねこさんねこさん

好きな通貨の批判・デメリットを無視したがるってことだよ

気に入っている銘柄・通貨があると、ついそのデメリットや批判的な意見から目をそらしたくなります。これが確証バイアスです。

そして、Twitterで推し通貨が同じ人ばかりをフォローしていると、確証バイアスは強くなりがちになります。

お気に入り通貨のデメリット・批判的な意見にも目を向けよう

確証バイアスがかかっていると、その通貨・プロジェクトを投資対象として正しく判断できなくなってしまいます。

運営やコンセプトが好きで応援するのはもちろん構わないですが、盲目的になって客観的な判断ができなくなっていないかには常に注意しましょう。

ねこさんねこさん

Twitterでもいろんな人をフォローしてみるといいよ

まとめ

仮想通貨投資における基本的なマインド・考え方についてまとめました。

「プロスペクト理論」として確立されているように、人はわかっていてもついつい損しやすい方向に動いてしまうものです。

いろいろと失敗を経験して見えてくることもあるので、失敗したときは何がいけなかったのか自分のトレードを振り返る習慣をつけましょう。