GMOコインの登録方法・使い方!口座開設・送金から取引方法まで解説

GMOコインの登録方法と使い方

レバレッジをかけてBTCFXができるGMOコイン。

アプリの使いやすさ、サーバーの安定性、日本円が入金できるということもあり、多くのBTCFXユーザーがGMOコインを利用しています。

こちらのページでは、そんなGMOコインの登録・口座開設方法・基本的な使い方についてまとめています。

GMOコインの登録から入金・出金、通貨の買い方や取引の仕方まで解説しているので、これを見ながら使っていればすぐに使いこなすことができるようになるはずです。

【図解付き】GMOコインの登録・口座開設と2段階認証の設定

まずはGMOコインのサイトを開きます。

最近はフィッシングサイトが増えてきているので、リンク先のURLはブックマークしておくのをおすすめします。

GMOコインの登録・口座開設方法

GMOコインの口座開設方法1

「無料口座開設」をクリックします。

GMOコインの口座開設方法2

メールアドレスを入力し、「私はロボットではありません」にチェックを入れて「無料口座開設」をクリックして進みます。

FacebookやGoogleでも登録・口座開設できますが、セキュリティのことを考えるとメールアドレスから登録するのがおすすめです。

GMOコインの口座開設方法3

このようなメールが届くので、リンクをクリックします。

GMOコインの口座開設方法4

パスワードを設定します。

【推奨】パスワードの生成について
パスワードは必ずパスワード生成サイトを使って生成することをおすすめします。

パスワード生成

私は画像のように設定しています。

  • 強度:最強
  • 文字数:40文字
  • 似通った英数字は省く
  • 8文字以内の場合、同じ文字は2回以上使わない

パスワード生成

設定をしてパスワードを生成するとページ下部にパスワードが生成されます。

簡単に生成できるので、取引所ごとに違うパスワードを利用するようにしてください。

GMOコインの口座開設方法5

パスワードを設定するとログイン画面に移行するので、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

GMOコインの口座開設方法6

GMOコインの口座開設方法7

GMOコインの口座開設方法8

  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • 取引目的
  • 職業
  • 国籍
  • 米国納税義務の有無
  • 外国の公人でないか確認
  • 規約への同意(チェックする)

以上を入力して「確認画面へ」をクリックします。

GMOコインの口座開設方法9

内容に間違いがなければ「確定」をクリックします。

GMOコインの口座開設方法10

本人確認の手続きに移ります。

本人確認は、本人確認書類のアップロードまたは書類の受取時に対面で確認する方法があります。

GMOコインの口座開設方法11

受取時本人確認とは、佐川急便の受取人確認サービスのことです。後日届く「口座開設のお知らせ」を受け取る際に、佐川急便の担当者に運転免許証やパスポートなどを提示する方法です。

GMOコインの口座開設方法11

または本人確認書類をアップロードします。どちらでも良いですが今回はアップロードの方法で進みました。

GMOコインの口座開設方法12

アップロードすると画面が切り替わります。現在は審査に時間がかかる模様。

審査に通過すると後日ハガキが届きます。そこに口座開設コードが記載されているので、入力することで正式に口座開設となります。

二段階認証(2FA)の設定

GMOコインの二段階認証設定方法1

左側メニューの「口座情報」→「セキュリティ」→「二段階認証」→「アプリ(Google Authenticator)」をクリックします。

GMOコインの二段階認証設定方法2

Google Authenticatorというアプリを利用して2段階認証を設定します。

仮想通貨取引所の2段階認証では必須のアプリなので、まだダウンロードしていない人はこの機会にダウンロードしておいてください。

[appbox appstore 388497605] [appbox googleplay com.google.android.apps.authenticator2]
  1. (アプリをダウンロード)
  2. 【推奨】QRコードのバックアップ(スクリーンショットなど)をとる
  3. Google Authenticator右上の「+」からQRコードを認証
  4. Google Authenticatorに表示されている6桁の番号を入力
  5. 「認証する」をクリック

GMOコインの二段階認証設定方法3

二段階認証が設定されたことが確認できます。

【GMOコインの使い方】入金・出金方法と現物・レバレッジ取引の仕方

個人的にはGMOコインは直感的に使える感じにはなっていると思いますが、念のためこちらに一連の使い方をまとめています。

不安な方は慣れるまではこちらを見ながら使ってみてください。

GMOコインの使い方

日本円の入金方法

GMOコインの日本円入金方法1

サイトの左側にあるサイドバーの入出金の項目の「日本円」を選択します。

GMOコインへの日本円入金は銀行振込、ペイジーの2つの方法があります。

どちらも手数料は無料です。(振込手数料は自己負担)

楽天銀行、SBI銀行、ペイジーに対応している銀行では即時入金ができます。

GMOコインの日本円入金方法2

その他の銀行から振り込みたい場合は「振込入金」のタブに表示される振込先情報をもとにGMOへ送金しましょう。

こちらに入金するとGMOコインの日本円残高として反映されます。

日本円の出金方法

GMOコインの日本円出金方法

日本円の出金もサイドバーの「日本円」の項目から手続きを始めます。

出金したい金額、二段階認証コードを入力して確認画面にすすめば手続きは完了です。

仮想通貨の入金方法

GMOコインの仮想通貨入金方法1

仮想通貨の入金はサイドバーの入出金→「仮想通貨」の項目からすすめます。

GMOコインに入金したい通貨を選択します。

(ここではBTCを入金することを想定して解説していきます。)

GMOコインの仮想通貨入金方法2

通貨を選択すると入金用のアドレス・QRが表示されます。

こちらのアドレスに仮想通貨を送金すればGMOコインの残高に反映されます。

注意
BTCアドレスにはBTCしか送金することができません。違う通貨アドレスに違う通貨を送金すると、送金した通貨は二度と取り返すことができないので注意しましょう。

仮想通貨の出金方法

GMOコインの仮想通貨出金方法

入金時と同じように、入出金の中の「仮想通貨」を選択、そのあと出金したい通貨を選択します。

上のタブの「送付」をクリックすると画像のような表示になります。

こちらでも初めて送金する場合は、宛先の登録が必要です。

  • 宛先を登録・選択
  • 出金(送金)する仮想通貨の枚数の入力
  • 二段階認証コードの入力

この3つの項目を埋めたら「確認画面へ」をクリックして出金手続きが完了します。

現物取引の仕方

GMOコインの現物取引の仕方1

サイドバーの「トレード」の中の「仮想通貨現物売買」を選択するとこのような画面に切り替わります。

GMOコインでの仮想通貨売買は非常に簡単で、売買したい仮想通貨を選択、購入したい金額または枚数を入力して「購入」「売却」ボタンを押すだけで売買が完了です。

売買完了後、すぐに残高に反映されます。

GMOコインの現物取引2


売買する金額(日本円)の指定

GMOコインの現物取引の仕方3


売買する枚数(仮想通貨)の指定

レバレッジ取引(FXの仕方)

GMOコインのFXの使い方

「トレード」の中の「仮想通貨FX」からレバレッジ取引(BTCFX)ができます。

チャートを表示される場合は画面上の「チャート」ボタンをクリックしてください。

GMOコインのFXの使い方2

注文は「新規注文」のタブからおこないます。

基本的な注文の仕方は成行・指値を利用します。

IFD・OCOなどがわからない場合は使わなくて大丈夫です。

注文したい価格(レート)、枚数を入力して確認画面にすすみ、注文を確定させます。

建玉を決済するときは上のタブの「注文決済」からポジションを決済します。

追証なしでレバレッジ取引!GMOコインで取引しよう

GMOコイン

  • レバレッジ取引(BTCFX)ができる取引所
  • 追証がない(借金にならない)
  • スマホアプリが使いやすい