Bibox(ビボックス)の登録方法・使い方!取引所開設・送金まで徹底解説

Bibox(ビボックス)の登録方法・使い方

Binance(バイナンス)に次ぐ、有望取引所として人気が出てきているBibox(ビボックス)。

上場している通貨の注目度が高い、手数料が安い、使いやすいサイト、などこれからさらに成長が期待できる取引所です。

こちらのページでは、そんなBibox(ビボックス)の登録方法・使い方についてまとめています。

入金・出金(送金)から通貨の飼い方・トレードの仕方まで丁寧に図解しているので、これを読めばいますぐBibox(ビボックス)を使いこなすことができます。

【図解付き】Bibox(ビボックス)の登録方法と2段階認証の設定

まずはbiboxのサイトを開きます。

最近はフィッシングサイトが増えてきているので、リンク先のURLはブックマークしておくのをおすすめします。

Biboxの登録方法

biboxの登録方法

biboxのサイトの画面の真ん中あたりに

  • メールアドレスを入力
  • パスワードを入力
  • 確認用のパスワードを再入力
  • 「Click to pass」の部分をクリック

biboxの登録方法

「Click to pass」は、実際のユーザーであるか確認するための部分です。

パズルのピースをはめるように、丸いボタンをドラッグしてください。

完了すると「Sign up」がクリックできるようになります。

【推奨】パスワードの生成について
パスワードは必ずパスワード生成サイトを使って生成することをおすすめします。

パスワード生成

私は画像のように設定しています。

  • 強度:最強
  • 文字数:40文字
  • 似通った英数字は省く
  • 8文字以内の場合、同じ文字は2回以上使わない

パスワード生成

設定をしてパスワードを生成するとページ下部にパスワードが生成されます。

簡単に生成できるので、取引所ごとに違うパスワードを利用するようにしてください。

biboxの登録方法

「Sign up」をクリックするとこのような画面になります。

次はこの画面を閉じて入力したメールアドレスを確認します。

biboxの登録方法

画像のようなメールが届いているはずです。

メールのリンクをクリックするとこのような画面になります。

biboxの登録方法

「Log in」を推して登録を続けます。

biboxの登録方法

メールアドレスと、先ほど決めたパスワードを入力後、「Log in」を押します。

二段階認証(2FA)の設定

biboxの登録方法

ログインした後、画面少し下がると「Google Authenticator」があるので、右側の「Enable」をクリックします。

Biboxの2段階認証設定

Google Authenticatorというアプリを利用して2段階認証を設定します。

仮想通貨取引所の2段階認証では必須のアプリなので、まだダウンロードしていない人はこの機会にダウンロードしておいてください。

[appbox appstore 388497605]

[appbox googleplay com.google.android.apps.authenticator2]

  1. (アプリをダウンロード)
  2. 【推奨】QRコードのバックアップ(スクリーンショットなど)をとる
  3. Google Authenticator右上の「+」からQRコードを認証
  4. ログインパスワードと、Google Authenticatorに表示されている6桁の番号を入力
  5. 下のボタン(confirm)をクリック

以上で2段階認証が完了します。

biboxの登録方法

【入金・出金から通貨の買い方も】Bibox(ビボックス)の使い方

Biboxの基本的な使い方についての図解付き解説です。

こちらもBinanceの使い方とほとんど同じで、簡単な英語さえわかれば直感的・簡単に利用できます。

【取引の始め方】外部取引所から通貨を送金

Bibox(ビボックス)の入出金方法1

ホーム画面の右上の「Funds」ボタンから入出金ができます。

Bibox(ビボックス)の入出金方法2

「Funds」を押すとこのような画面に切り替わります。

取引したい通貨の列の「Deposit」「Withdrawal」ボタンを押してください。

解説
  • Deposit…入金
  • Withdrawal…出金

入金方法

詳細
Bibox(ビボックス)の入金方法

BTCを入金するとして解説を進めます。

BTCの列の「Deposit」ボタンをクリックすると、画像のようなタブが開かれます。

あとは画像の「BTCアドレス」をコピーして、送金元の「送金先BTCアドレス」にコピペすればBiboxにBTCが送金ができます。

注意
必ず入金したい通貨のアドレスに通貨を送金しましょう。例えば、BTCアドレスにBCHを送金してはいけません。間違えて送った通貨は二度と戻ってこないので注意が必要です。

出金方法

詳細
Bibox(ビボックス)の出金方法

BTCを出金することを想定して解説を進めます。

「Withdrawal」をクリックすると、画像のようなタブが開くので、上から順番に必要な項目を入力していきます。

  • 送金先のBTCアドレス
  • 送金先BTCアドレスの名前(必要であれば)
  • 送金する枚数(数量)

これを入力したら「Submit」をクリックして、その後の画面で2段階認証コードを入力すれば出金は完了です。

送金BTCアドレスの名前について
「送金先アドレスの名前」とは、そのアドレスがどこのアドレスなのかをわかりやすく記録しておくための名前です。例えば、bitFlyerのアドレスだとすれば「bitFlyer」のようにしておきます。もちろん好きに設定しても良いのでカタカナで「ビットフライヤー」のように登録してもOKです。

【買い方・売り方】チャート画面・取引の仕方

Bibox(ビボックス)の使い方

ホーム画面で通貨ペアを選択することができます。

画面中央のタブで基軸通貨を選択、その下に出てくるのが各通貨ペアです。

Bibox(ビボックス)の取引画面

各通貨ペアの列をクリックすると、このような画面に切り替わります。これが取引画面です。

Bibox(ビボックス)の取引画面はいくつかのエリアに分かれています。

Bibox(ビボックス)の使い方

下のエリアに情報を入力することで通貨の購入・売却ができます。左は購入、右は売却するときに使います。

直感的に注文ができるので、一度覚えてしまえば簡単に取引ができます。

いまのところBiboxで数量を指定しての成行注文はできないようです。
※改善され次第追記します

新規停止前に!Bibox(ビボックス)に登録しておこう

Bibox(ビボックス)

  • 時期Binanceと期待が高い取引所
  • 取引手数料が安い
  • 取引所通貨$BIXも注目

【特徴・手数料など】Bibox(ビボックス)に関する記事一覧

ページの先頭へ