【登録必須】海外(世界)のおすすめ仮想通貨・ビットコイン取引所3選

日本国内の取引所では、取り扱っている通貨が圧倒的に少ないです。

海外取引所といっても、無数の取引所がありますし、これからも新しい取引所がどんどん出てくると考えられます。

ただ、闇雲に登録しても管理するパスワードが増えるだけで、なんのメリットもありません。

海外取引所の選び方
  • 取引高(流動性)が大きい
  • 取扱通貨が豊富
  • 手数料が安い
  • サーバー・セキュリティなどの安定性
  • 日本語対応
取引高(流動性)が大きい
取引高・流動性が大きいとは
通貨の取引量が多い、売買が盛んに行われているということ。
「出来高が高い」とも言う。

わかりやすい例

フリマアプリを例に考えてみましょう。

ユーザー数が多く、出品数・購入数も多いと「売り手は売りやすく」「買い手は買いやすく」なります。
=(出来高が高い)

ユーザ数が少なく、出品数・購入数も少なくなると、売りづらく・買いづらくなります。
=(出来高が低い)

流動性が高いと価格競争も起こるので、値動きも起きやすくなります。

取引高が小さい取引所では自分が売買してくても、他にアクティブなユーザーが少ないので、トレード・取引がスムーズにできません。

海外取引所ではアルトコイン・草コインのトレードがメインになるので、取引高はかなり重要です。

「取引高が少ない取引所」の中の「マイナーなコイン」…となると、トレードをする人がいないのは目に見えていますね。

取扱い通貨が豊富
取引所間の送金には手数料がかかるので、取扱通貨が多い取引所を利用することで送金手数料がかからなくなります。

管理も楽になるので、ある程度主戦場を決めてしまうのがおすすめです。

数千倍に化けるかもしれないマイナーな仮想通貨(草コイン)も探しやすくなります。

手数料が安い
手数料が安いに越したことはありません。トレード手数料(maker・taker手数料)に注目しましょう。

海外の取引所では、国内取引所に比べて全体的に手数料が安めに設定されていますが、0.1%くらいの手数料であれば、十分手数料が安いといえます。

サーバーの安定性やセキュリティ
使いやすさ・安全性ということを考えても、サーバーの安定性(カクカクせずに使えるか)はとても重要です。

サーバーが安定していないと、アクセス・ログインがしづらいということが起こったり、最悪の場合には出金などの手続きにミスが出たりする可能性もあります。

自動ログアウトや二段階認証などの基本的なセキュリティがしっかりしているかも、必ずチェックしておきましょう。

日本語への対応
まだまだ日本語に対応している海外取引所は多くありません。

日本語に対応している取引所というだけでも安心感が違いますね。

ただし「ホームページが日本語対応なだけでサポートは日本語未対応」ということもあるので、できるだけ日本語の情報が出回っている人気の取引所を選ぶことも大切です。

海外の人気ビットコイン取引所を徹底比較

  • トレード手数料
  • 取り扱っている通貨の数
  • サーバーの安定性やセキュリティ
  • 取引高(流動性)があるか
  • 日本語に対応しているか

この5つのポイントについて比較している表です。それぞれの取引所の特徴が一目でわかります。

海外の仮想通貨取引所の比較

手数料 通貨数 安定性 取引高 日本語
Binance 中国 0.05~0.1% 二重丸 丸 二重丸 丸
Kucoin 香港 0.07~0.1% 丸 丸 三角 丸
HitBTC イギリス -0.01~0.1% 二重丸 三角 丸 バツ
Cryptopia ニュージーランド 0.20% 丸 三角 三角 バツ
Bitfinex 香港 0~0.2% 三角 二重丸 丸 バツ
OKEx 中国 -0.025~0.075% 丸 三角 丸 バツ

この比較表をベースにして、さらに使いやすさや独自の魅力などを踏まえて、登録必須なおすすめの海外取引所をランキング形式でまとめています。

あまり登録数があまり多くならないように管理したい方はランキングの上位だけでも解説してく価値は絶対にあるので、いろいろな取引所を比較したい人はもちろん、厳選して取引所を選びたい人も参考にしてみてください。

海外仮想通貨(暗号通貨)取引所のおすすめランキング

  1. Binance(バイナンス)

    バイナンス

    バイナンスの画面
    バイナンスの画面

    Binance(バイナンス)の特徴

    手数料 通貨数 安定性 取引高 日本語
    中国 0.05~0.1% 二重丸 二重丸 二重丸 丸
    ひとこと解説
    Binance(バイナンス)は世界で一番取引高のある、いま一番アツい海外取引所です。人気の秘密は手数料の安さ、使いやすいサイト、通貨の種類の豊富さなど、どこをとってもトップクラスとしか言えません。中国の取引所ですが特別閉鎖リスクが大きいということもなく、ユーザ数も12月初旬で200万人、12月下旬で300万人と、評判の良さと使いやすさからユーザー数・取引高もどんどん増えている勢いのある取引所です。
  2. 【Kucoin】

    Kucoin

    Kucoinの画面

    Kucoinの特徴

    手数料 通貨数 安定性 取引高 日本語
    香港 0.07~0.1% 丸 丸 三角 丸
    ひとこと解説
    Binanceで扱っていない有望な通貨がいくつかあります。「Binanceに上場する」というニュースだけでも上がり材料になったりするので、高騰する前の銘柄を仕込むのに役立ちます。Kucoin独自の通貨「KCS」も値上がりしているので、早めに仕込んでおくといいかもしれません。
  3. 【HitBTC】

    HitBTC

    HitBTCの画面
    HitBTCの画面

    HiBTCの特徴

    手数料 通貨数 安定性 取引高 日本語
    イギリス -0.01~0.1% 二重丸 三角 丸 バツ
    ひとこと解説
    HitBTCはICO直後のコインの上場が早く、将来的に化ける通貨に出会える可能性が高いという特徴があります。ICOとは仮想通貨の「個数限定の前売り」のようなものです。Binanceなどの「メジャーな取引所に上場する前にHitBTCで仕込んでおく」というような使い方がおすすめです。

番外編(新規登録受付停止中)

Bittrex

Bittrex

ひとこと解説
Binanceが台頭してくるまでは世界のTOPを走っていた取引所です。取り扱い通貨の現在は新規アカウントの登録が停止されています。再開は未定なので、いつ登録できるようになるかはわかりません。

その他韓国の取引所

Bithumbなどの韓国の取引所では韓国政府の規制により、韓国国内に在住していない外国人(日本人含む)の仮想通過取引所アカウントを停止しています。

同様に新規登録もできない状況です。

【登録必須の人気取引所】Binance

バイナンス

  • 取引高世界一
  • 日本語対応
  • 一攫千金の通貨も多数上場
  • 手数料が圧倒的に安い
  • 使いやすい・見やすいサイト