【国内取引所を徹底比較】仮想通貨・ビットコインおすすめ取引所一覧

日本国内の仮想通貨・ビットコイン取引所

日本円でビットコインやリップルなどの仮想通貨を購入するには、国内取引所を利用する必要があります。

とはいっても、国内取引所だけでも10種類以上があって、一見違いがわからないものも多いです。

そこでこちらのページでは、日本国内の仮想通貨取引所の特徴やおすすめについてまとめています。

取引所を選ぶときに重要な項目について比較しているので、これを読めばすぐに登録する取引所を決めて仮想通貨を始めることができます。

日本国内の仮想通貨取引所・販売所を比較

国内取引所の比較表

取引高 手数料 安定性 UI 特徴
bitbank 丸 二重丸 二重丸 丸 手数料完全無料
bitFlyer 二重丸 三角 二重丸 丸 セキュリティ世界一
Zaif 二重丸 丸 三角 三角 積立投資ができる
GMOコイン 丸 三角 丸 二重丸 レバレッジ取引
DMMbitcoin 丸 三角 丸 二重丸 レバレッジ取引
Coincheck 停止中
SBI ComingSoon
bitFlyerのセキュリティ評価
※UI…使いやすさ・見やすさ

取引所を選ぶときに重要な項目について、人気の国内取引所を比較しています。

まだまだマイナーな国内取引所もあることはありますが、基本的にはここで紹介している取引所だけで十分です。

bitbankは販売所がない

bitbank(ビットバンク)には販売所がなく、すべて取引所での取引になります。

取引所では板取引になるので、初めての人は少し難しく感じるかもしれません。

bitbank(ビットバンク)の使い方についてまとめているページも参考にしてみてください。

販売所と取引所の違い
  • 販売所…運営会社(bitFlyerなど)と仮想通貨を売買する
  • 取引所…個々のユーザーと仮想通貨を取引する

積立投資ができるのはZaifだけ

Zaifでは毎月の投資額を決めて積立投資ができます。(毎月銀行から自動で引き落とされる)

積立ができるのはZaifだけで、積立のためだけにZaifを利用している人も少なくありません。

毎月1,000円から始められるので、低リスクで仮想通貨投資を始めてみたい人におすすめです。

GMOコイン・DMMbitcoinはレバレッジ取引に特化している

ほとんどの取引所でレバレッジ取引をすることができますが、GMOコイン・DMMbitcoinは特にレバレッジ取引に特化しています。

スマホからスピード注文が見れたり、チャートにインジケーターなどを表示することができます。

仮想通貨のFXについては「レバレッジ取引(ビットコインFX)のおすすめ取引所」をまとめたページも参考にしてみてください。

日本国内の仮想通貨取引所おすすめランキング

先ほどの比較表をもとに、日本国内の仮想通貨取引所のおすすめランキングを作成しました。

取引所ごとに特徴があって取扱通貨も違うので、基本的にはすべて登録しておくのがおすすめです。

  1. bitbank

    bitbank(ビットバンク)

    bitbankの特徴

    取引高 手数料 安定性
    セキュリティ
    丸 二重丸 二重丸
    取扱通貨
    BTC,XRP,ETH,LTC,MONA,BCH
    ひとことコメント
    すべての取引手数料が無料なのが特徴です。リップルやイーサリアムなどが手数料無料で取引できます。取引高が若干少ないので数百万円の取引には向いていません。
  2. bitFlyer

    bitFlyer(ビットフライヤー)

    bitFlyerの特徴

    取引高 手数料 安定性
    セキュリティ
    二重丸 三角 二重丸
    取扱通貨
    BTC,(BTC,ETH,ETC,LTC,BCH,MONA,LSK)

    ※()内は販売所

    ひとことコメント
    セキュリティは世界一とも言われています。取引高も大きく、アプリなどもそこそこ使いやすいです。他の取引所に比べると手数料が若干高いのがデメリット。
  3. Zaif

    Zaif(ザイフ)

    Zaifの特徴

    取引高 手数料 安定性
    セキュリティ
    二重丸 丸 三角
    取扱通貨
    BTC,XEM,MONA,BCH,ETH,ZAIF,XCP,BCY,SJCX,FSCC,PEPECASH,CICC,NCXC,CMS(BTC,MONA)

    ※()内は販売所

    ひとことコメント
    ビットコインがマイナス手数料で取引できるのが特徴(取引するとボーナスがもらえる)。他ではできない積立投資ができるので低リスクで始めたい初心者におすすめです。

日本国内の仮想通貨取引所・販売所の選び方

日本国内の仮想通貨取引所・販売所の選び方について解説します。

どんなポイントをチェックしておけばよいのか確認してみてください。

セキュリティ・サーバーが安定しているか

取引所にはお金を預けることになるので、最低限のセキュリティ・安定性はチェックしておくことが大切です。

主なセキュリティとしては二段階認証、マルチシグ、コールドウォレットでの資産管理などがあります。

また、サーバーの安定性もチェックしておくようにしましょう。(サクサク使えるか)

サーバーが安定していなければログインができない、注文ができないということが起こります。

使いやすいサイト・アプリか

サイト・スマホアプリの使いやすさも、取引所選びでは大切なポイントです。

使いづらさ見づらさがあるとストレスになるのはもちろんですが、サイト・アプリでの操作ミスや誤注文でもお金が動いてしまいます。

快適に利用できるサイト・スマホアプリを実装している取引所を選ぶようにしましょう。

参考
私は誤注文で数万円分の仮想通貨を失った経験があります。

手数料が安いか

日本国内の取引所・販売所でも、それぞれの手数料の差は結構大きいです。

トレードや売買で数%の手数料・スプレッドがある取引所・販売所もあれば、ビットコインがマイナス手数料(取引ボーナス付与)のZaifやアルトコインの取引手数料が無料のbitbankのような取引所もあります。

取引する金額、回数が多くなるほど手数料分も大きくなるので、本格的に仮想通貨始めるなら取引所の手数料が必ずチェックしておきましょう。

取引所手数料については「国内外の取引手数料が安い取引所」についてまとめた記事も参考にしてみてください。

取引したい通貨を扱っているか

取引所ごとに取り扱っている(上場している)通貨は違います。

もし買いたい通貨が決まっているのであれば、その通貨を扱っている取引所を選ぶようにしましょう。

また、いつどの通貨が高騰するかはわからないので、取り扱い通貨が多い取引所も登録しておくのがおすすめです。

取引高(出来高)が大きいか

取引高(出来高)が小さいと、スプレッド(売値・買値の価格差)が大きくなりやすかったり、注文が約定しづらくなったりします。

特に100万円以上など大きな金額の取引をしたいと考えている人は、チェック必須です。

そこまで大きな金額は取引する予定がない人でも、快適にトレードするために、できるだけ取引高が大きい取引所を選びましょう。

まとめ

日本国内の仮想通貨取引所を比較、選び方やおすすめの取引所についてまとめました。

基本的にはアルトトレードのbitbank、数百万円以上のビットコイン取引ならbitFlyer、積立取引ならZaifのように使い分けるのがおすすめです。

国内取引所で扱っていない仮想通貨も多いので、本格的に仮想通貨を始めるなら海外取引所もチェックしておいてくださいね。