580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」の不正送金事件で話題になったコインチェック。

これから仮想通貨投資をはじめようとしている人はどのように対処したら良いのでしょうか。

こちらのページでは、いまコインチェックの事件があったタイミングで仮想通貨投資を安全に始めるにはどの取引所を選んだら良いのかを紹介しています。

「仮想通貨は興味があるけど少し心配」
「セキュリティがしっかりしているところを選びたい」
「でもどうやって判断して良いかわからない」

そんな人はこちらを参考にしてみてください。

これさえ読んでおけば仮想通貨を不正送金される、というリスクを最小限に抑えることができます。

いま現在コインチェックはやめたほうがいい理由

いまから仮想通貨を始めるなら、あえてコインチェックには登録しなくても良さそうです。

私個人的にはコインチェックを応援していますし、今後の仮想通貨市場のためにもコインチェックは重要な役割を果たしてくれると期待しています。

しかし、”現段階では“おすすめできないので、その理由について簡単にまとめます。

金融庁の認可が降りていない

まだコインチェックは金融庁が定める「仮想通貨交換業者」として認められていません。

まずはセキュリティや資産の管理体制を金融庁に認められてから、コインチェックの利用を再開した方が良いのではないかと考えています。

コインチェックはサービスを再開すると宣言しているので、それが再開されてからでも遅くはないはずです。

いまは別のサービスを利用するのが無難ですね。

まだ補償・運営再開の見通しが不明確

コインチェックは顧客への補償をすること、運営を再開することを明言しています。

ただし、具体的な日程や今後の方針についてはまだ明らかになっていません。

完全にサービスが再開して、運営がスムーズになってからの利用をおすすめします。

安全に仮想通貨投資をするための3つのポイント

では、いまの段階ではコインチェックはやめておいたほうがいいとして、どのようなことに気をつけて仮想通貨投資をしたら良いのか、大切な3つのポイントについて紹介します。

この3つのポイントをおさえておけば、不正送金の被害に合うリスクは大幅に下げることができます。

3つのポイント

強固なパスワード設定・2段階認証の設定

パスワードは管理が大変なので、つい覚えやすい誕生日や名前、苗字を入れてしまいがちですが、それは絶対にやめましょう。

少なくとも仮想通貨が絡んでくるサイト・サービスでは絶対にやめてください。

いくら取引所のセキュリティがしっかりしていても、パスワードが破られてしまうことには対処できません。

強固なパスワード、2段階認証の設定について不安な方は、それぞれの取引所の登録方法を解説しているページで図解しているので、それを参考に進めてみてください。

セキュリティが充実している取引所

取引所 本拠地 特徴
bitFlyer 日本 セキュリティNo.1
bitbank 日本 手数料無料
Binance 中国 世界一の取引所
※各取引所の登録方法のページへリンクします。

セキュリティ体制がしっかりしている取引所を選ぶ

取引所選びもリスク管理の上では重要です。

コインチェックの事件でも話題になったコールドウォレットによる管理、マルチシグの適用などがされている取引所を選びましょう。

技術的なことはよくわからないという人はこのページの後半で紹介している取引所を選んでおけば間違いありません。

ハードウェアウォレットを用意して資金を自己管理

ハードウェアウォレットとは、取引所とは別のところで仮想通貨を自己管理できるものです。

Point
日本円で考えると「銀行=取引所」「現金・財布=ウォレット」のようなイメージですね。

当然ですが今回のコインチェック事件では、自分のウォレットでNEM(ネム)を管理していた人のNEM(ネム)は盗まれていません。

また、自分のウォレットでBTC(ビットコイン)やXRP(リップル)を管理していた人も「コインチェックから引き出せない!」というような事態にはなっていません。

取引所に仮想通貨を預けておくか、ウォレットで管理しているかで、どれだけリスクに差があるかがよくわかりますね。

コインチェック事件からもわかるように、仮想通貨投資を始めるならハードウェアウォレットを持っておくのがおすすめです。

いま登録しておくべき取引所3選

コインチェックが事件で揺れているいま、安全に取引ができる取引所を紹介します。

あまり取引所の数を増やしたくないという人は、この3つをチェックしておいてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerの概要

セキュリティ 取扱銘柄数 手数料
星5 星2 星1
セキュリティは世界一の評価(bitFlyer社長のTwitterより)
bitFlyer(ビットフライヤー)はセキュリティは世界一ともいわれている日本最大級の取引所です。コインチェックに比べて取扱通貨が少ないことがネックですが、逆に厳選された安定している通貨がラインナップしているということでもあります。仮想通貨投資の入り口としては初心者にも使いやすくておすすめの取引所です。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)

bitbankの概要

セキュリティ 取扱銘柄数 手数料
星4 星2 星5
bitbankは取引手数料が完全無料の取引所です。bitFlyerでは扱っていない、日本で人気のXRP(リップル)もbitbankで取引することができます。2段階認証やコールドウォレットへの対応もされてきており、セキュリティ管理も整えてきている取引所です。

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)

Binanceの概要

セキュリティ 取扱銘柄数 手数料
星4 星5 星5
Binance(バイナンス)は評判・実力ともに「世界一の取引所」です。コインチェックで扱っていたDASH(ダッシュ)、XMR(モネロ)などは現在、国内取引所では購入できませんがBinance(バイナンス)では対応しています。海外の取引所なので抵抗を覚える人もいるかもしれませんが日本では購入できる仮想通貨が少なすぎるので、本格的に始めたい人は登録しておくのがおすすめです。

仮想通貨を自己管理できるおすすめのハードウェアウォレット

LedgerNanoS(レジャーナノS)

安全に仮想通貨投資をするための3つのポイント」でも紹介したように、本格的に仮想通貨投資を始めるならハードウェアウォレットを持っておくことをおすすめします。

ハードウェアウォレットにもいくつか種類がありますが、私が実際に使っているのが「LedgerNanoS」というハードウェアウォレットです。

信頼性・値段・使いやすさで選んだ結果、これにしました。

「ハードウェアウォレットって設定が難しそう」
「使い方がわかるか不安」
「バックアップがきちんと取れるか心配」

このような心配している人は「【画像解説】LedgerNanoS(レジャーナノS)の使い方・初期設定方法」の記事も参考にしてみてください。

まとめ
コインチェックが不安定ないま、仮想通貨を安全に始めるための3つのポイントについてまとめました。

仮想通貨投資で稼いでいる人がたくさんいる反面、リスク管理を徹底していなければ今回のような事件にも巻き込まれてしまいます。

コインチェックは今回補償をする、ということですが、どの取引所でも補償をしてくれるとは限りません。海外の取引所だってあるわけです。

今回の事件をきっかけに、仮想通貨のリスク管理についてもきちんと理解しておくと良いですね。

参考記事