国内では珍しい、アルトコインの板取引(トレード)ができるbitbank(ビットバンク)。

人気のリップルの取引高が世界一になったりと、徐々に人気が高くなってきている取引所です。

こちらのページではbitbank(ビットバンク)の登録方法から入出金、取引の仕方までを丁寧に解説しています。

板取引が初めての人でもトレードができるように解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【図解】ビットバンクcc(bitbank.cc)の登録方法

まずはビットバンクの公式サイトを開きます。

検索結果やSNSからのフィッシング(詐欺サイトのURLへの誘導)なども流行っているので、上のリンクからビットバンクのサイトに飛ぶのが安全です。

メールアドレスの設定

ビットバンクの登録

リンクを開いたら、メールアドレスを入力する項目があるので、そちらを入力します。

【推奨】メールアドレスの設定について
メールアドレスは他の取引所と同じものを使いますよね。取引所ごとに分けていたら管理が大変になるので。

ただし、そうなるとすべての取引所でメールアドレスが同じということになり、セキュリティ的にはよくありません。

そこで、おすすめしたいのがGmailの利用です。

Gmail(〜@gmail.com)では「example@gmail.com」というアドレスに対して

example+abc123@gmail.com」というように「@」の前に「+英数字」をつけることができます。

これで登録してもメールはすべて同じアドレス(example@gmail.com)に届きます。

こうすることで実質的には取引所ごとにメールアドレスを分散することができるので、仮想通貨取引所の登録ではGmailを使うのがおすすめです。

登録したメールアドレスにビットバンクからメールが届きます。

メールのリンクをクリックして、パスワードの設定へ移行します。

パスワードの設定

bitbank(ビットバンク)の登録方法

パスワードを設定して、したの3つのチェックボックスにチェックします。

【推奨】パスワードの生成について
パスワードは必ずパスワード生成サイトを使って生成することをおすすめします。

パスワード生成

私は画像のように設定しています。

  • 強度:最強
  • 文字数:40文字
  • 似通った英数字は省く
  • 8文字以内の場合、同じ文字は2回以上使わない

パスワード生成

設定をしてパスワードを生成するとページ下部にパスワードが生成されます。

簡単に生成できるので、取引所ごとに違うパスワードを利用するようにしてください。

これでビットバンクへの登録が完了です。

基本情報の入力

ログイン情報の設定が完了したら、登録者情報についての項目を入力していきます。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 住所

4つを入力します。入力が完了したら「次へ」をクリック。

注意
郵便番号・住所は身分証明書に記載されているものと同じものを入力しましょう。
  • 取引の目的
  • 職業
  • 外国の重要な公人
職業に関して
会社への在籍確認の電話などが届いたりすることはありません。

3つの情報を入力・チェックして「確認」ボタンを押します。

本人確認書類の提出

ビットバンクの本人確認

本人確認を完了しなければ取引を開始することができません。基本情報を入力したら本人確認を済ませましょう。

bitbank(ビットバンク)の本人確認1

本人確認では提出書類が選択できます。運転免許証が無難です。

本人確認に使える書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

※有効期限が切れていないものを利用してください

bitbank(ビットバンク)の本人確認2

画面の案内通りに写真をアップロードします。

これで本人確認書類の提出・アップロードが完了です。

ハガキが届いたら、ハガキに書かれているコードを入力して取引ができるようになります。

【取引の始め方】bitbank(ビットバンク)の入出金・使い方

bitbankでは販売所がなく、すべてトレードでのやり取りになります。

はじめはとっつきづらいかもしれませんが、一度慣れてしまえば問題なく使うことができるはずです。

初めての人にもわかるように解説しているので、敬遠していた人はこの機会に板取引について学んでおきましょう。

日本円の入出金の仕方

bitbank(ビットバンク)の日本円入出金方法

画面左上の人型のアイコンで表示されるタブにある「入出金」から日本円に関する手続きができます。

bitbank(ビットバンク)の日本円入出金方法

日本円の行の入出金をクリックして続けます。

日本円の入金

bitbank(ビットバンク)に日本円を入金する方法

日本円の行の入出金にすすむと、この画面が表示されます。

画面上のタブが入金になっていることを確認してください。

bitbank(ビットバンク)に日本円を入金する方法

下にスクロールしてくと入金先情報が表示されます。

こちらの情報をもとに銀行振り込みで日本円を入金できます。

bitbankへの入金は銀行振込のみです。入金は土日や夜間でもすぐに反映されます。

注意
bitbankの画面にも表示されますが、必ず振込の「依頼人名」を指定のスタイルに変更してください。これをわすれると入金反映まで時間がかかります。

日本円の出金

上のタブの「出金」から手続きを始めます。

初めての場合は出金する銀行口座を登録する必要があるので、まずはそちらから始めましょう。

追加→新規登録で振込先の情報を入力して口座を登録します。

bitbank(ビットバンク)から日本円を出金する方法

口座を登録すると出金口座を選択できるようになるので出金したい金額を入力。

内容確認から出金ができます。

仮想通貨の入金・出金(送金)の仕方

bitbank(ビットバンク)の仮想通貨入出金方法

日本円同様、「入出金」の項目から仮想通貨の入出金に関する手続きを始めます。

入金・出金(送金)したい仮想通貨の行の「入出金」をクリックして続けましょう。

こちらではビットコイン(BTC)を例に解説を進めていきます。

仮想通貨の入金

bitbank(ビットバンク)の仮想通貨入金方法

画面上のタブ「預入」 でビットコインの入金情報が表示されます。

注意
このアドレスにはBTC以外の通貨を送金しないようにしてください。各通貨ではそれぞれ専用のアドレスがあるので、必ずどの通貨のアドレスなのかをチェックしてから送金しましょう。

このアドレスにBTCを送るとビットバンクの残高に送金したBTCが反映れます。

残高反映までの時間は通貨のトランザクションの込み具合で変化します。

bitbankのせいではないので気長に待ちましょう。

仮想通貨の送金

bitbank(ビットバンク)の仮想通貨出金方法

画面上の「引出」から仮想通貨を送金します。

こちらも初めて送金する場合は送金先アドレスの入力が必要です。

  1. アドレスを追加(初めての場合)
  2. アドレスを選択
  3. 引き出す(送金する)枚数を選択
  4. 内容を確認・認証コードなどを入力
  5. メール認証
  6. 引出完了

この手順で仮想通貨を引き出すことができます。

bitbank(ビットバンク)の仮想通貨出金方法2

引出が完了するとこのようにメールが届きます。

取引の仕方とトレード画面の使い方

画面左上のbitbankのアイコンをクリックすると一発でトレード画面が表示できます。

同じく左上のタブから取引ペアを選択して取引したい通貨を選択しましょう。

ここではBTC/JPYペアを例に解説をすすめます。

bitbank(ビットバンク)のトレード画面

このトレード画面はいくつかのエリアに分かれています。

  • チャート画面
  • 注文情報
  • 注文板情報
  • 注文(取引)画面
  • 資産状況確認

bitbank(ビットバンク)の使い方

画面右の注文(取引)画面から取引をします。

まずは上のタブから「買い」「売り」のどちらかを選択しましょう。

指値・成行のどちらかを選択、画像の入力項目を入力して「注文」ボタンで取引ができます。

指値・成行はどっちがいい?
指値…金額と数量を指定して売買
成行…注文金額だけを指定して取引

「買う」場合を考えると…

  • 価格が今すぐ上がりそう!早く買いたい!というときは成行
  • まだ下がりそうだからこの金額になったら買いたいな。というときは指値

指値では指定した金額以外では取引が成立しないので、下で買う、上で売るということができます。

よくわからない人は成行で売買しておけばすぐに取引ができるので、成行を選択しておけば問題ありません。

手数料が安い!bitbankでアルトコイントレードを始めよう

ビットバンク

  • アルトコインのトレードができる
  • 取引手数料が0%(完全無料)
  • 使いやすいサイト